身がピアノといった出会ったのは保育園の年長の時。

2016年11月1日

身がピアノといった出会ったのは保育園の年長の時。
幼なじみの身近といった二人でウィークに1度の訓練に通っていました。また、わが家にはピアノがなかったのでピアノ実習でピアノをはじけることが楽しみでもありました。
また、ピアノ実習がわが家の身の回りだったので、父、女性の帰りが遅くなるときはピアノ実習で待たせてもらったりお世話になりました。
ピアノは小学生に入っても続けていました。
小学生二年生、三年生の時は公民館の客間を借りてデビュー会をしたこともありました。
初めての見聞で緊張したことを覚えています。
常々訓練で会わない友達の歌唱を聞けて、また、身近といったなんだかんだお話をしたり楽しかったことを覚えています。
また、ピアノ実習の機会でクリスマス会もあり常々訓練で会わない身近との話し合い が醍醐味でした。
小学生四年生になってからは部活で訓練に通う日数がなくなりピアノ実習をやめてしまいましたが、あのこと、日数を作っても通っていたら、遅ればせは譜面を見てスラスラ弾けてたのかな?ということもあります。
今は養育に追われる日々で習い事など後回しになってますが、今度日数が出来たらまたピアノ実習に通ってみたいなとしていらっしゃる。水素水のおすすめはガウラのサーバー

コメントはまだありません

コメントは停止中です。